綺麗になるための美容整形|名医の多い名古屋のクリニック

ダウンタイムについて

医者

美容整形施術を取り扱っている名古屋市にあるクリニックには、綺麗になりたいという女性が多く集まります。最近では、名古屋市にある美容外科クリニックに、男性の方も手術を受ける人が増えてきています。施術を受けて理想の自分を手に入れることができるでしょう。美容整形手術を受けようと決意した際に、名古屋市内のクリニックの選定、施術内容、費用などについて色々自分で調べる方が多いでしょう。その際に、ダウンタイムという言葉が良く使われています。ダウンタイムというのは、手術を受けた後から普段の生活が通常にできるようになるまでの、回復するまでの期間のことを言います。このダウンタイムの症状は大きく4つに分けることができます。まず1つ目としては、施術後の痛みになります。施術内容によって痛みの症状は様々なようです。また、痛みがなかったという人もいるので、個人差があります。ですので、術後は痛みがあると考えておいた方が良いでしょう。2つ目のダウンタイムとしては腫れになります。まぶた、鼻などの顔のパーツは腫れによるダウンタイムが出やすいと言えます。どのくらい腫れるのか、カウンセリング時に腫れの度合い、期間を確認しておきましょう。3つ目は、内出血です。顔の整形や脂肪吸引は内出血を引き起こすことがあります。内出血が消えるまでに2週間程度かかると考えておいた方が良いでしょう。また、体への負担が少ないプチ整形手術でも内出血を引き起こす可能性は十分にあります。手術を受けた翌日が仕事で、内出血を隠したい場合は、コンシーラーでカバーすることができます。最後の4つ目としては、糸によるものです。二重整形などの施術では医療用の糸を使用します。施術を行った後は、腫れを引き起こす人もいます。プチ整形で使用する糸は、時間が経つにつれて溶けるものがあります。ですが、すぐに溶けないので3週間から4週間くらい掛かってしまいます。そのため、ダウンタイムが伸びてしまう可能性もあります。美容整形クリニックで手術を行う際は、ダウンタイムがあるということを理解した上で、施術を受けましょう。ダウンタイムについて詳しく知りたいという方は、名古屋市にある美容整形クリニックで話を聞くことをおすすめします。どういった事例があるのか、施術別で説明してもらえますし、その時に考えられるリスクについて確認しておきましょう。

Go to Top